読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独hack

”おひとりさま”人生にをちょっとラクに

孤独な親が子供に与える悪影響とその連鎖

孤独な親は子供へ依存する。子供はどんな子供であれ、必ず親を必要とする存在であり、子供から親への依存は致し方ない。しかし、それは成長とともに軽減されていき、いずれは0になり、巣立って行く。 一方的に依存された子供は、親への依存を解除できない共…

本当に孤独な環境にいる人は、涙が出ない

涙を流す、という行為は、生物学的には涙嚢から鼻涙管へ人間の体液と等浸透圧の液体が流れ出るだけの行為であり、特段意味をなさない。少しの水分と少しの塩分を失うだけであって、身体に大きな影響は一切もたらさない。 涙の社会的効能 しかし、社会的には…

孤独に悩む人は”solitudeとloneliness”の違いを認識すべき

日本語では「独りぼっちでいる事」という意味の言葉は「孤独」、これ1つだけ。しかし、英語では「孤独」を意味する単語としてlonelinessとsolitude、この2つが存在する。 solitudeとlonelinessの違い 辞書で調べてみると、solitudeとは"solo"の語源でもあ…

孤独に悩む人は「映画”LEON”」を観るべき

孤独な2人の物語 主人公であるレオンは、鉢植えに植えてある植物だけが友達の殺し屋。殺しをして、牛乳を飲んで、腹筋をし、鉢に水をあげるだけの毎日。そしてナタリーポートマン演じるマチルダ。彼女は親に殴られ、タバコを買いに行かされるだけの日々を過…

寂しい女性が性的に奔放な理由とそこから抜け出す方法について

知り合いでものすごく性的に奔放な女性が数人いる。たまに2人で飲みに行ったり、セックスする中なのだけど、彼女たちの性的奔放さは中々スゴい。1人は昔、六本木でひたすら外国人を漁りまくっていて舌とヘソにピアスがあいている。1人はひたすら既婚子持…

孤独な人に限って趣味が無い場合が多い

と思う。なぜだろうと考えているけど、そもそも趣味が無いから孤独なのか、孤独だから趣味が無いのか、因果関係の方向性がどちら向きかという問題がある。まず趣味が無いと孤独に近づく、これは正しいはずだ。趣味がある人に比べて、その趣味を通じて人と知…

クリスマスに無理に女子会を開こうとする女の心理について

周りを見ていると、女の子はどうやらクリスマスを1人で過ごすのが嫌らしく、彼氏がいない子達は無理矢理女子会という名の下飲み会を開く集団が多そうだ。 そう考えると不思議だ。女は「孤独である自分」を周りにみられたくないのだろうか。学生時代だってト…

自由の必要条件としての孤独と結婚における妥協点の模索

人は自由を好む、自分のしたい事をしたいだけしたい時にできる、そんな時間、経済的な自由を人は手に入れようと日々努力する。 自由と孤独はセットである しかし、「完全な自由」は「完全な孤独」の状態でないとなり得ない。なぜなら、孤独ではない状態、つ…

個々人の孤独と孤独”感”の本質的な差異について

孤独は特別か 自分が考えてる事は自分しかわからないし、自分が見たり感じたりしているものも自分しかわからない。厳密には。そういった意味で、個人というのは必ず「個」なのであって、必ず孤独である。 孤独”感”の正体 しかし、やはり「孤独を感じる」のは…

孤独の正体について

孤独の正体は何だろうか。ここで一つ思考実験をしてみよう。 あなたは今、この地球という惑星にいる、人間という動物である。人間という動物は、少なくともその生身の状態では他のいかなる生物種とも意思疎通、交信、会話、などを行う事ができない。同種間で…

孤独の利点

自分が孤独な環境にいて、孤独を感じる事で、人恋しさが増す。誰かと話したいと思う。身近に話せる人と話したいと思う。それは恋人、家族、友人だったりする。そうすると、その相手と話したい気持ちによって、相手との時間を大事にする事ができる。いつもは…